So-net無料ブログ作成

ほしのあき、ブログで詐欺の片棒を担ぎ謝罪

 ペニーオークションのシステムを使って詐欺していた運営者が逮捕された事件の余波。今回はマスコミあんまり関係ありませんが、ブログを使った詐欺行為みたいなもんなので掲載。



「ペニーオークション」落札妨げ、手数料詐取

社員ら3人逮捕

 入札ごとに手数料がかかるインターネットの「ペニーオークション」で、大阪のネット関連会社社長、鈴木隆介容疑者(30)らが、入札参加者が落札できないシステムをサイトに仕組み、手数料をだまし取っていた疑いが強まり、京都、大阪両府警は7日、詐欺容疑で、この会社の社員ら3人を逮捕した。鈴木容疑者も再逮捕する方針。警察庁によると、ペニーオークションを巡る事件の摘発は全国初。

 運営側は、「ボット」と呼ばれる自動実行プログラムを悪用。事前に設定した金額に達するまでボットが自動的に入札を繰り返すシステムをサイトに仕組み、参加者の落札を妨害していたという。

 捜査関係者によると、鈴木容疑者らは、運営するサイト「ワールドオークション」が商品を落札できない仕組みだったのに、格安で落とせるように装い、今年夏頃、入札参加者2人から入札手数料として使う専用コイン(1枚75円)の購入代金を詐取した疑いがある。

 このサイトでは、商品の入札は0円から始まり、参加者が画面をクリックして入札するたびに、1円ずつか15円ずつ、価格が上がる。家電製品などが定価の最大99%引きで落とせるとうたっていたが、両府警が調べたところ、ボットが仕組まれ、参加者の入札があるたびに、ボットが自動的に応札し続け、参加者の落札はほぼ不可能であることがわかった。

 鈴木容疑者は10月、スマートフォンの電話帳から個人情報を抜き取るウイルスを潜ませたアプリを保管したとして不正指令電磁的記録保管容疑で京都府警に逮捕されていた。

サイト突然の閉鎖も

 定価5800円のゲームソフトが67万円――。

 あるペニーオークションサイトでの入札価格だ。店で普通に買えるゲームソフトなのに、参加者がここまで競り合って高値がつくのは不自然で、自動入札を繰り返す「ボット」の仕業、という指摘が、ネット上で相次いだ。

 ボットの存在を疑われたサイトが突然閉鎖した例もある。

 NPO法人「消費者支援機構関西」(大阪市)が東京のある運営会社のサイトを調べたところ、落札額と入札手数料を合わせた同社の売り上げが、商品の仕入れにかかる費用を大きく下回っていることがわかった。

 これでは赤字が出続けることになる。同機構は「商品は元々なく、手数料が目的で、ボットに落札させていた」と判断。同社は不正を否定したが、消費者団体訴訟を起こすと通告された後の9月、何の説明もなくサイトを閉じた。

 ネット犯罪に詳しいジャーナリストの井上トシユキさんは「ネットオークションは商品が安く買えると錯覚しがちで、競争相手が現れると『負けたくない』と現実社会以上に周囲が見えなくなってしまう。催眠商法と同じだ。ネットに甘い話はないと注意すべきだ」と指摘する。

ペニーオークション
 国内では2009年頃から広まった。入札価格は参加者が自ら決めるのではなく、入札のたびに運営者が事前に定めた金額(1円単位など多くは少額)で上昇していく。参加者は落札の成否にかかわらず、1回入札するたびに数十円程度の手数料を運営者に支払う必要がある。

(2012年12月7日 読売新聞)
http://osaka.yomiuri.co.jp/e-news/20121207-OYO1T00757.htm



 記事でも触れられていますが、ペニーオークションは入札のたびに手数料がかかるシステムで、たとえ入札した商品が落札できなくても、それまで入札した回数に応じた手数料を運営者に支払うわけです。

 今回の事件は、ワールドオークションの運営者が自動で入札するソフトウェア(ボット)を使い、他の参加者に何度も入札させ手数料だけ掠め取っていた…と。

 そして、このワールドオークションを自分のブログで宣伝していた人の話。



ほしのあき、ブログで詐欺に加担

 タレントほしのあき(35)が、入札のたび手数料がかかり、問題視されていたペニーオークションのサイト「ワールドオークション」について、落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込み、同サイトの宣伝に関与していたことが12日、分かった。所属事務所によると、友人のタレントに勧められ、アルバイトとして30万円受け取っていたという。同サイト運営者の男らが今月7日に詐欺容疑で京都、大阪両府警に逮捕されている。

 [2012年12月13日6時49分]
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20121213-1059070.html




ペニーオークション詐欺:女性タレントがサクラ 虚偽宣伝で報酬
毎日新聞 2012年12月13日 東京朝刊

 入札に参加するごとに手数料がかかるインターネット競売「ペニーオークション」サイトを使った詐欺事件で、バラエティー番組などで人気の女性タレント(35)が、同サイトで空気清浄機を格安で落札したなどと虚偽の内容を自身のブログに書き込んでいたことが分かった。タレントは「友人から紹介され、アルバイトとして30万円を受け取った」などと話している。京都、大阪両府警は詐欺容疑で逮捕したサイト運営者らがタレントを宣伝に使った可能性があるとみて調べている。

 所属事務所によると、タレントは10年12月のブログで、サイト名の「ワールドオークション」を挙げ、「空気清浄機が欲しかったので、お買い物してみたよ。1080円で落札したの」などと書き込んだ。商品は当時の市場価格で4万5000〜7万円という。

 両府警からの問い合わせで事務所が事情を聴いたところ、「友人の女性タレントからアルバイトしないかと持ちかけられた」と説明。ブログには友人から渡された文書の内容を書き込み、商品と現金を受け取ったという。

 両府警の調べでは、同サイトは、自動的に入札を繰り返して入札額をつり上げるプログラムや、入札参加を装うサクラを使い、事実上、一般参加者は落札できない仕組みだったとされる。

 タレントは「軽率な行為だった」と話しているという。所属事務所は「本人は運営者とは面識はなく、どんなサイトかよく知らずに書き込んだようだ。厳正に対処したい」としている。【堀智行】

http://mainichi.jp/select/news/20121213ddm041040166000c.html




ほしのあき「軽率でした」謝罪文掲載へ

 入札のたびに手数料がかかるペニーオークションサイト「ワールドオークション」の手数料詐欺事件で、タレント、ほしのあき(35)が落札していない商品を落札したかのようにブログに書き込んでいたことが12日、分かった。

 ほしのは2010年12月のブログに、新品の空気清浄機について、同オークションで「1080円で落札した」と掲載していた。所属事務所によると、ほしのは友人のグラビアアイドル、松金ようこ(30)からアルバイトとして書き込みを持ちかけられ、指示された文面を事務所を通さずブログに掲載。サイト運営者とは面識がなく、松金に教えた口座を通じバイト代30万円を受け取っていた。

 同事件では7日に京都、大阪両府警に運営者らが逮捕されたが、ほしのは「どんなサイトか分からずにやってしまった。知らなかったとはいえ軽率な行動だった」と猛省しているといい、13日にブログで謝罪文を掲載するという。

 松金も所属事務所を通じて「知人に頼まれ、軽率に紹介してしまいました。ほしのさんにはご迷惑をおかけしました。申し訳ありません」と話しているという。

(紙面から)
http://www.sanspo.com/geino/news/20121213/sca12121305040000-n1.html



 今回のこれ、ほしのあきブログを読んでいた人が「ほしのあきが言ってるから間違いない。ワールドオークションやってみよう」と、ほしのあきを信じて思考停止すると詐欺られていたわけです。

 『誰が何を言ったとしても無条件に信じるな』。『誰』は全ての人や組織に当てはまります。総理大臣だろうとそのへんの人だろうと、大手マスコミだろうと場末のブログだろうと、まずは『なぜこう言ったのか?』『それは本当だろうか?』と考えることが大事。

 はっきり言って自分で考えるのは難しいです。今回のほしのあきブログも『本当に格安で落札できたから、ブログ読者にもワールドオークションを知ってほしいと思って善意で記事を書いた』のか、『ワールドオークション宣伝したら30万もらえるから宣伝記事を書いた(いわゆるステマ)』なのか、読者が判断するのは難しい。

 ただ、だからといって自分で考えるのをやめるのは問題です。思考停止です。自分だけで判断できないときは深入りはやめる、もしくはそのへん詳しい友人にでも聞いてみる、そういうこともしていくといいですね。

 でもまあ、ほしのあきなんて氷山の一角で、実際はどの芸能人ブログもその他の大手ブログもこういう隠れた宣伝記事書いてるんだろうね。え、うちのブログはどうなのって? さあ…どう思いますか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。